和楽市

紬地染め名古屋帯のご紹介。

鮮やかな色彩で花を描いた帯と、大人しい印象の花唐草を描いた帯。 皆さんはどちらがお好みですか?♪ どちらも反物ですので、開き仕立てにしても良し、名古屋仕立てにしても良し◎

これらの商品は『キモノハイスタイル東京』にてご覧いただけます。

キモノハイスタイル東京 開催日時 3月13日(金) 11:00~18:00 3月14日(土) 11:00~17:00 会場:自由が丘 大塚文庫 ◎ブログにて会場のご案内をしております→http://ameblo.jp/kimonowaraji/entry-11998471022.html

きもの今昔処 『和楽市』(わらじ)  https://www.facebook.com/kimono.waraji?fref=ts


きもの今昔処 『和楽市』(わらじ)1

写真は染色工芸作家「鈴木紀絵」さんの帯です。 濃い藍染めの木綿地には、葉と虫が可愛らしく染められております。 開き仕立ての名古屋帯ですので、幅を変えてお使いいただけます。

こちらの商品は『キモノハイスタイル東京』にてご覧いただけます。

キモノハイスタイル東京 開催日時 3月13日(金) 11:00~18:00 3月14日(土) 11:00~17:00 会場:自由が丘 大塚文庫 ◎ブログにて会場のご案内をしております→http://ameblo.jp/kimonowaraji/entry-11998471022.html


きもの今昔処 『和楽市』(わらじ)

白地に雲を敷き詰めた白大島。黒やブルーグレーの細かい絣が魅力的です。柔らかい質感ですので、かっちりした雰囲気にはならず優しい雰囲気になるのではないでしょうか。

きもの今昔処 『和楽市』(わらじ)   http://www.kimono-waraji.com/shizuoka-shop