きもの今昔処 『和楽市』(わらじ)20

白地にブルーの糸で大小色柄の異なった縞を表した、博多織の帯です。お太鼓の右側には、丸いおもちゃで遊ぶ猫の柄を織り出しています。地色と同じ色で猫の足跡がうっすらと見えるのが可愛さを引き立てます。

きもの今昔処 『和楽市』(わらじ) http://www.kimono-waraji.com/shizuoka-shop



きもの今昔処 『和楽市』(わらじ)19

ティファニーブルー色の生紬地には、モダンな花唐草柄が描かれております。さらりとした肌触りで、幅広いお洒落着に合わせやすいのではないでしょうか。真夏以外は楽しんで頂ける帯です。

きもの今昔処 『和楽市』(わらじ) http://www.kimono-waraji.com/ginza-shop


 


きもの今昔処 『和楽市』(わらじ)7

昭和を代表する染織家“浦野理一”のお着物。 ブルー地に桜などを染めた粋な紬と、太めの節が特徴的な薄ピンクの紬。 同じ作家の作品ですが、雰囲気がだいぶ違いますね。

これらの商品は「 きものハイスタイル大阪」にてご覧いただけます。

開催日時 2月27日(金) 12:00-18:00 2月28日(土) 11:00-18:00

大阪美術倶楽部(http://www.daibi.jp/


詳細はこちらから→http://kimonohighstyle.com/