dc073101 dc073102 dc073103

白地太子間道文様袋帯    GH

こちらはいろおさえめ
太子間道とは
名物裂のひとつ
臙脂色地に、黄、紺などの細縞や
白、茶、黄などの絣風の文様を織り出した間道
インドネシアの絣織と同じ手法で絹糸で経絣織されている
桃山時代の堺の町人太子屋宗有の好みとされる
法隆寺伝来の広東錦と似ているところから
聖徳太子が幡(ばん仏・菩薩や法要の場を荘厳供養する旗)
に用いたとの伝承からの名ともいう。

寺岡由美子FB  https://www.facebook.com/yumiko.teraoka.5.

はちすFB https://www.facebook.com/hachisukofu

はちすHP  http://kimonohachisu.com/?cat=1


Comments are closed